#30 既存の文章を感情込めて読めるようになろう

何か既存の文章を読むとき、どうしても棒読みになったり、
マニュアルっぽくなったりしませんか?

ちゃんと感情込めて話せたら素敵ですよね。

どうすればいいか?

『文章の頭に 感情をつくって「から」話す』

と、覚えてください。

例えば

「先日、春一番が吹きました」

という一文。

どんな感情で伝えましょうか?

例えばそれを「嬉しい!やっと春が来た!」という感情ならば

(嬉しい!という感情を作ってから)「先日、春一番が吹きました」

「嫌だな、また花粉の時季がやってきた」という感情ならば

(嫌だな~とう感情を作ってから)「先日、春一番が吹きました」

となります。

そしてこの文頭に「感情を一発でつくれる簡単な方法」が…

それは聞いてのお楽しみ!

宮北結僖の心に響く話し方「言響(ことひび)」公式ポットキャスト

宮北結僖の心に響く話し方「言響(ことひび)」公式ポットキャストです。
更新が自動配信されますので、ぜひiTunes podcastに登録ください!

\ あわせてこちらもどうぞ /

一日たった3分!
緊張せず自分らしく話せる7日間メールレッスン

1日たった3分1週間の無料メールレッスンで緊張せずイキイキと話せる方法が手に入ります。
※自分らしく話せる3大特典付き

※自動的にメルマガ「ことひび通信」にも登録となります。
「ことひび通信」は毎日配信!
「周りの眼が気になって自分らしく話せない人たちへ」
自分らしく話せるように毎日いろいろな角度から書いています。