こんにちは! 言響(心に響く話し方)の宮北結僖です。

今回のお悩みは「もっとわかりやすく話したい」人からのご相談です。

『筋道をたてて話さなければ!と頭で分かっていても、いざとなると 中々実践できません。

わかりやすく相手に伝えたいです』

わかりやすく伝える3つのポイント

わかりやすく伝えたい人のために、3つの方法をお教えします。

*1つの文章に伝えたいことは1つ!シンプルISベストです。

一度に2つも3つも盛り込んでも、混乱するだけです。

*一文を短くする。

よく、全て「、」でつなげて話をしてしまい、文章の始まりと終わりの つじつまが全く違っている人を見かけます。

「。」を多く使い、1文はシンプルに短くいきましょう!

*まわりくどい表現を避け、「~します」「~だと思います」と 『言い切る表現』を心がけましょう

《まわりくどい表現の代表例》

・言い訳や逃げなど「前置き」を入れないようにしましょう

「失敗してしまうかもしれないけれど」「出来るかどうかわからないけれど」 「正しいかどうかわかりませんが」と言い訳の前置きを入れると、言いたい事 もぶれるし、あなた自身も迷います

・敬語を使いすぎないようにしましょう

丁寧な言葉を使いすぎると、時にはそれは「頼りない、自信のない姿」として 相手に伝わる可能性があります。

いつも自分自身が100%理解できるように話をしましょう。

自分でも何を話しているか分からなくなったら、相手はもっと分かりません。

*今回のポイント*

わかりやすく伝える3つのポイントは
『1つの文章に伝えたいことは1つ!』
『一文を短くする』
『まわりくどい表現を避ける』


言響(心に響く話し方) メルマガ『言響通信』のご紹介

上記以外にも、

●話がクドクド長くなってしまう人
●自分でも何を話しているか分からなくなる人

そんなあなたの悩みを解決できるのが『言響通信』(メルマガ)です。

上記のようなスキルが身に付く内容を毎週月・木曜に無料配信しています。

さらに、メルマガにご登録いただいた方には 初対面でも会話が弾む、コミュニケーションが取れるポイントなど、
「メルマガ限定のセミナー動画」をプレゼント!
ご興味ある方はぜひ、下記よりお申し込みください。

ご登録

お申し込みはこちらのフォームからどうぞ。

メールアドレス
氏名(必須)