略歴

宮北結僖
(株)心に響く話し方 代表取締役
一般社団法人 日本心に響く話し方協会 代表理事

【略歴】
西田敏行・緒形直人率いる劇団青年座を経てTV・舞台等で活躍(役者名:宮北由季)

大変だったデビュー当時

デビュー当時、役につけない時期が長く続く。
数え切れないほどのオーディションを受け、やっと合格。

ある舞台の表看板(ポスターやチラシの表面に顔写真が出ること)になる。
ところが「業界に認められたい」「監督に気に入られたい!」という思いばかり先走る。

結果「人が感じる芝居」ではなく、演出家に言われたとおりの「マニュアル通り の芝居」しか出来ず、表看板にも関わらず結局配役から外される。
宮北結僖:大変だったデビュー当時

大切なのはあるがままの自分。黄色い花が教えてくれたこと

心が固くなり、自信を失う中
「もっと感じる芝居がしたい」
「もっと自分らしく 活き活きと表現したい」

と、もがき苦しみ、妙高の山のこもる。

そこで「感じる心」を豊かな自然から学ぶ。

ある日、雪が降ってもその下で何も変わらず咲き続ける黄色い花を見て
「状況がどうあれ、あるがままで生きる。こんな黄色い花みたいになりたい!」
と、初めて心が振るえ下山。 以降、蜷川幸雄演出 舞台「近松心中物語」では(故)坂東三津五郎・樋口可南子・寺島しのぶと共演。

明治座・御園座・近鉄劇場・博多座等で200ステージ以上一つの役を演じる。
宮北結僖:大切なのはあるがままの自分。黄色い花が教えてくれたこと

「言響スクール」をはじめたきっかけ

またTVでは本木雅弘主演NHK大河ドラマ「徳川慶喜」で側室役の清水美砂の 乳母役としてセミレギュラー。

藤田まこと主演「はぐれ刑事純情派」ではホステ スや犯人の妻役、北大路欣也主演「事件」では新聞記者や検事など、シリーズご とに様々な役を務める。

22年の俳優実績を生かし 2006年「言響~心に響く話し方」を創立。

現在 日本心に響く話し方協会 代表理事。
全国に支部を構え、各支部でレッス ンできる言響インストラクターの育成にも力を入れている。

宮北自身もパーソナルレッスン・言響表現塾・言響インストラクター養成塾をベー スに「イメージ出来る話し方」「感動与える表現法」を実践メインで指導。

役者経験から培った
「自分の心が伝わる言葉で話す」
「人が感じる話し方、心揺 さぶる表現法」

の指導を得意とする。

結果、マニュアル通りで自分らしく話せない人が

「人柄がにじみ出る、感動する 話が出来るようになる」

と定評。全国より受講生が集まる。

また新しい講演の形「言響物語」も好評。 周りにあわせて生きてきた人が、宮北の魂揺さぶるメッセージで 自分の言葉で話せる強さが持てる。
IMG_3036 IMG_3554

DVD・CD・書籍のご案内

  • DVD・CD/「たった1分で相手の印象に残る自己紹介法」
  • 「たった3 分で相手を感動で泣かせる話し方」
  • 「たった7 分で表情豊かになる顔体操&美声腹式エクササイズ」 他多数
  • 著者/ 「お客様の心に響く話し方」(BAB出版)
  • 「話し方お悩みカイケツアドバイス」(あさ出版)